事業投資とは?インカムゲインとキャピタルゲインの違い

こんにちは!森野です。

私自身は相場投資と事業投資のどちらをオススメするかといったら、事業投資をオススメしています。

しかし、事業投資と呼ばれる投資の場合はあまりイメージしにくいのではないでしょうか?

このブログでは、事業投資がどのようなものがあって、どんなことをするものなのか?という部分について解説していきます。

事業投資とは

事業投資は、企業がすすめる何かしらの事業に対して資金を投入して利益を上げることを言います。

これは、事業が成功すれば当然企業も儲かることが出来るので、収益を分配される可能性を得ることが出来ます。

企業の買収や、株式の購入、コインロッカーやパーキングのオーナー業などもこの中に含まれてきます。

特に事業投資について明確な定義がないので、企業がすすめる何かしらの事業に対して資金を投入し利益を増やす投資という認識でOKです。

事業投資の種類

事業投資については明確な定義は無いとお伝えしましたが、利益を増やす方法は大きく分けて2つに分類されます。

  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン

この2つですが、よく分からないですよね?

なので、それぞれ説明していきます。

1.キャピタルゲインの事業投資

キャピタルゲインとは差額による利益をメインとした事業投資になります。

価値の低い企業の株式を購入したり、企業を買収したりして出資された企業の価値が高まった時に売却して差益を得るというものです。

キャピタルゲインという言葉は、暗号通貨などでも多く使用されています。安い時に買って、高く売る。このような感じです。

2.インカムゲインの事業投資

インカムゲインは、保有中に得られる利益をメインとした事業投資になります。

出資している企業の価値を徐々に高めながら、利益を継続的に受け取れる可能性があります。

キャピタルゲインほど多くの利益を1度に得ることは出来ませんが、継続的な収益を可能としています。

株式の配当や企業の買収などであれば、売上の数%と一定の利益を継続に得ることが出来ます。

継続的な事業の拡大や長期的な資金調達を目的とした場合は効果的です。

まとめ

事業投資の場合は、世の中の役に立つものに対して出資を行い事業が成功すれば、それだけ得られる配当も大きくなります。

事業投資には事業投資の良さがあって、またデメリットもあることも事実です。

それは、これからの時代にマッチしてくるのか?流行ではなく生活に無くてはならない事業なのか?このような部分を見極める必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です