チラシ作成をパワーポイントで作る6つのポイント【解説画像付き】

こんにちは!鍼灸師・マッサージ師の森野です。

おそらくこのページをご覧いただいている場合は、自分でチラシ作成をしてみたいと思っている方なのではないでしょうか?僕自身はチラシを専門職としてはいませんが、自分で作成して入稿まで出来ています。「チラシは古い」という意見もありますが、実際に集客できているので、古い媒体ではないはずです。

最初はワードからスタートしたのですが、結局パワーポイントで作成する方がいいと知って、それからはパワーポイントにしました。何せ物凄く簡単だったからです。面倒な操作がいらなかったのでワードに比べたら間違いなくパワーポイントで作成したほうがいいです。

そこで、今回はパワーポイントでチラシ作成をする方法をご紹介していきます。

  • 良いアイディアが浮かんだら今すぐ作りたい
  • 出来るだけチラシの予算を削りたい
  • 配った時の反応を見ながらやってみたい

このような方におすすめです。

チラシ作成をパワーポイントで作る6つのポイント

パワーポイントと言うと、会社での会議資料やスライドを作成する場合に使用することも多いですが、チラシも作成することが出来るんです。
操作方法は、ワードとあまり変わらない部分もありますが、もしもパワーポイントをお持ちの場合は、絶対パワーポイントをオススメします。もしパワーポイントを使用したことが無い方でも大丈夫です。

以下のポイントを押さえておくようにしましょう。

  1. 用紙サイズの設定方法
  2. テキストボックスの作成方法
  3. 写真や画像の挿入
  4. 画像の編集
  5. QRコードの作成
  6. PDF作成

では1つずつ説明していきますね。

1)用紙サイズの設定方法

【デザイン】の部分を左クリックすると、赤枠の部分にある【スライドのサイズ】が出てくるので、そちらを左クリックします。
【ユーザー設定のスライドのサイズ】と表示されるので、そちらを左クリックしていただくと【スライドのサイズを指定】するページに移ります。その後、【スライドのサイズ指定(S):】でサイズを変更していただき、【印刷の向き】で縦、横を変えることが出来ます。
【最大化】を選んでいただき用紙サイズの設定は完了です。

2)テキストボックスの作成方法


【挿入】を左クリックしていただき、赤枠部分の【テキストボックス】を選択します。すると横書き、縦書きのテキストボックスが選択できるので、どちらかを選択してみましょう。
移動する場合も左クリックを続けて選択していただければ移動が可能です。文字の大きさや太さなどは後から調整してください。

3)写真や画像の挿入

【挿入】を選択していただき、【画像】を左クリックするとパソコン上に保存してある画像を挿入することが出来ます。
画像を選択し終わったら以下のような表示になります。


画像の移動も自由に出来るので試してみてください。画像の挿入は以上で完了です。

4)画像の編集

パワーポイントの魅力は、画像の透過加工も出来るところが僕は好きです。例えば下の画像ですが
見栄えがよくないですよね?出来ればこの白い部分を取り除いたら、また印象が変わってくると思います。そこで背景を削除しましょう。背景を消したい画像を選択したまま【図の形式】を左クリックしてください。 
すると、左側に【背景の削除】が出てくるので、そちらを左クリックします。【保持する領域としてマーク】【削除する領域としてマーク】を上手く使って背景を消したり戻したりしていきましょう。完成がこちらです。

こちらで画像の編集は終了です。ちょっとカッコよくなりましたかね。

5)QRコードの作成

QRコードをゼロから作成するには、こちらを使いましょう。
CMAN

こちらにアクセスしていただき、ホームページなどのURLを入力していただければ作成が可能です。

6)PDF作成

チラシを作成して入稿する場合にはファイルをPDFにする必要があります。

【タッチ】を左クリックしていただくと右側に【PDF又はXPS形式で保存】と出てくるので、そちらを左クリックしていきます。すると保存先、ファイル名、ファイルの種類を記入・選択することが出来るのでファイルの種類はPDFにしましょう。これでPDFファイルで保存されています。

ワードでチラシを作成したい方はこちらから

私自身は、最初にパワーポイントが無い時にチラシ作成を始めたので、「ワード」から始めました。もしもパワーポイントが無い、苦手でしたら、こちらでワードでの作成方法を説明しているので下記をご覧になってみてください。

集客できるチラシ作成をワードで作る方法と5つの必要な要素を解説

チラシを作成する時のポイント

いきなり初めて作ろうと思って操作が分かっていたとしても、デザインに悩む方も多いはずです。実際に僕自身も悩んだことがあります。イラストレーターやフォトショップが使えて、プロの方であればデザインのアイディアは豊富だと思います。

私はデザインのプロではないので、上手にパクるところが必要です。全体的なデザイン、文字の配列、写真の配置など自分自身が「良いな」と思ったものを上手にパクるようにするといいです。それだけデザインは大事なのです。

まとめ

パワーポイントでチラシを作成する場合はこちらを覚えておきましょう。

  1. 用紙サイズの設定方法
  2. テキストボックスの作成方法
  3. 写真や画像の挿入
  4. 画像の編集
  5. QRコードの作成
  6. PDF作成

これさえできれば、あなたもチラシを簡単に作成できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です